ICT利用を活用した
21世紀型教育21ST CENTURY EDUCATION

主体的に学ぶ力、21世紀に対応できる力を育成 黒板の内容をノートに書き写し、先生の話を聞くのが「従来の授業」だとするなら、
ICT機器を使い、自ら主体的に学力を伸ばすのが「21世紀型教育」です。
滋賀学園では、一人一台のタブレット端末や、整備されたインターネット接続環境、
電子黒板やプロジェクターなどのICT機器を活用して、21世紀にふさわしい“生徒が主役”の教育を実践しています。

滋賀学園ICT教育
3つのメリットMERIT

  • 自分のペースで
    学べる
    授業のスライドや資料、ワークシートがタブレット端末に配信されることで、話の聞き漏らしや配布物の紛失がなくなります。また、自分にあった練習問題が自動配信される数学学習アプリ「キュビナ」や、本校教員や外部講師が作成した動画教材を活用することで、自分のペースで、より深い理解を得ることができます。
  • 「学習活動」が
    長くなる
    黒板の書き写しのような「単純作業」が少なくなり、練習問題への取り組みやレポート作成、プレゼンテーションへの取り組みなど、「学習活動」の時間が長くなります。知識の「入力」だけでなく、「出力」の時間を多く取ることで、授業での学習効果が高まります。
  • ICT機器を使い
    こなせるようになる
    授業や学校生活での活用を通して、ICT機器の操作方法を早期に習得することができます。さらに、自分で調べる姿勢が身につき、知的好奇心とともに情報処理能力が向上します。近年、こうした能力は企業でも求められており、情報編集能力の育成にもつながります。

滋賀学園の「21世紀型教育」とは?

滋賀学園では、基礎力・思考力・実践力の向上を目的とした「21世紀型教育」に取り組んでいます。与えられた課題に対して、個人またはグループで意見を出し合い、より最適な答えを導き出すというアクティブラーニングを、すべての教科に取り入れています。こうした「調べる・まとめる・伝える」といった“21世紀型スキル”の上達にも、ICT機器を有効に利用しています。
21世紀型教育

総合探究
ICT機器を活用した課題解決型の学習

「総合探究」は、滋賀学園が独自に設定している全学科で取り組む科目です。

従来型の講義形式授業と異なり、設定された課題を自分たちで工夫して解決するというプロセスを通して、積極性や理論的思考、協働性を身につけていきます。

ある回の授業では、先生から「滋賀学園高校の魅力を最大化し、全国に有名な高校になる方法を提案せよ」という課題が与えられました。生徒たちはクラスの中でグループを作り、インターネットを使ってアンケート調査などを行ったり、情報を収集・整理したりして、活発に意見交換を行っています。

またグループごとに導き出した提案をクラスメイトの前で発表しています。そのために活用されているのが、生徒一人ひとりのタブレットPCです。先生が使い方を教えなくても、生徒たちは自然に「学習の道具」として活用しています。

総合探究

滋賀学園滋賀学園高等学校ICT利用を活用した21世紀型教育