学校法人滋賀学園 滋賀学園中学・高等学校



海外研修
STUDY Abroad

踏み出そう! 世界への一歩

ニュージーランド海外研修

滋賀学園では中学2年生の夏に、6週間のニュージーランド海外研修に行きます。夏草のように勢いがあり、伸ばそうと思えばいくらでも伸びる中学時代に「仲間の大切さ」や「親のありがたさ」を体感することは、自立への大きな一歩となります。

前半は現地の語学学校で英語を学び、クラスの仲間と集団生活。後半は本校の姉妹校で勉強、夜はホームステイ先でホストファミリーと過ごします。

 

 

滋賀学園中学校が誇る一大イベントがみなさんを待っています

国際主任 藤田 紫帆子

語学力の向上はもちろんのこと、人と関わる力やコミュニケーション能力など、これからの社会で必要となる力の育成をテーマに、中学2年生の夏に実施しているのが、この「ニュージーランド海外研修」です。この研修は、集団生活やホームステイ生活の中で、日本では味わうことのできない達成感や喜び、そして時に困難も経験することで、集団で力を合わせて行動する力、自らの力で課題を解決する力、自他を大切にする力を大きく成長させます。また、中高一貫の大きな柱である「長期留学」への関心、挑戦にもつながるプログラムです。
みなさんも滋賀学園中学校が誇るこのイベント、「ニュージーランド海外研修」に参加、挑戦してみませんか。

国際主任 藤田 紫帆子

 

 

仲間との経験が自信に

中学3年生 南 勝太

僕は夏のニュージーランド海外研修を通して自立することと集団で行動することの大変さを学びました。前半の集団生活では洗濯ものや食事の準備、部屋の掃除など、今まで両親にしてもらっていたことを全て自分たちでしなければいけないので、最初のうちは上手くいかないことがたくさんありました。また、これまで仲間と何日もの間、一緒に過ごすという経験がなく、お互いの意見が合わず衝突することもありました。しかし、大変なのは自分だけではないのだとその時に気づき、お互い助け合い、思いやりながらさまざまな困難を乗り越えることができました。帰国後も海外研修で経験したことや仲間たちとやり遂げたという自信が、学園生活を充実させてくれています。

ホストファミリーに感謝!

中学3年生 西川 叶恋

私は自分の英語力を今以上に高めるという目標を立てて、夏のニュージーランド海外研修に参加しました。最初は現地の人たちとの会話を理解することができず不安でした。しかし、後半のホームステイ生活を通して少しずつ彼らが話していることを理解できるようになり、最後には日本へ帰りたくないと思うようになるほど充実した生活を送ることができました。私を受け入れてくれたホストファミリーにとても感謝しています。
私は3年生の冬から一年間の長期留学に挑戦します。目標は、やはり英語力の向上です。2年生の2ヶ月間で身に付けた力よりもさらに力を伸ばせるように頑張ろうと思います。

 

滋賀学園 > 滋賀学園中学校 > 学校案内 > 海外研修

ページトップへ