学校法人滋賀学園 滋賀学園中学・高等学校



VOICE

自分を大きく成長できる場所

voice_katsurada

自分らしさを見つけられる場所。

桂田 晃輔

膳所高等学校 1年生

私は滋賀学園で3年間を過ごし、別の高校に進む道を選びました。滋賀学園の強みは「生徒の個性を細かく理解できる先生方がいること」だと考えます。少人数のクラスであるからこそ、生徒全員に対して特性に合わせた指導が受けられるのだと思います。

そして、もう一つはニュージーランドでの海外研修です。
中学校の時期に海外の文化に触れ親と離れて暮らすことで、生活力やコミュニケーション能力を伸ばすことができました。嬉しいことも辛いことも沢山ありましたが、あの体験があったからこそ、今の成長した自分がいると思います。あの体験は一生ものの想い出です。

滋賀学園は生徒、保護者、先生の距離が近いからこそ、個性を伸ばして、自立心を育み、社会で生きていくための大事な力と「自分らしい自分の生活」を手に入れることが出来ました。

先生にも仲間にも本当に感謝しています。

voice_iwamoto

それぞれの個性や特性を認め、
伸ばしてくれる環境。

岩本 真一郎

早稲田大学法学部 卒業
京都大学 大学院 公共政策教育部 公共政策専攻

私は将来、個々人がその個性を生かし活躍できる、よりよい未来社会を作る仕事に携わりたいと考えています。このように私が考えるに至ったのは、当時の先生方が私の個性や特性を認め、それらを伸ばすような環境を提供してくださったからです。生徒と先生方、そして保護者の距離が近く、中学生という多感な時期に生徒の個性を伸ばす環境が整備されていることが、滋賀学園中学校の大きな魅力の一つです。

また、2ヶ月間の海外研修も滋賀学園中学校にしかない大きな魅力の一つです。14歳という若さで両親のもとを離れ、友人や現地の人と過ごすこと、そして異国文化を肌で感じることは生徒の自立性と感受性を大きく伸ばします。このような貴重な経験は、これからの世界が急速に変化していく中で求められる、未知なる問題に立ち向かう力の源泉となるものです。このような環境や経験があったことが今の私につながっており、感謝しています。現在は、主に観光による地域振興の在り方について、滋賀県内の自治体の方やNPO法人の方々にご協力を頂きながらフィールドワークを通して研究を行っています。これまで知らなかった滋賀県の魅力に触れながら、滋賀県らしさを生かした取り組みとは何なのかを日々模索しています。

voice_tsukamoto

留学という体験が、
わたしの人生を 豊かにしてくれた。

塚本 紗也

同志社大学 社会学部卒業
滋賀学園中学校 勤務

私は留学に興味があり、滋賀学園中学校に入学しました。ニュージーランド短期海外研修は、滋賀学園中学校の大きな魅力であり、今の私があるのはこの研修に参加したおかげだと言っても過言ではありません。

私は幼い頃から人と話すことや意見を述べることが苦手でしたが、この海外研修で遠く離れたニュージーランドという異国の地に身を置き、友人や先生に支えられながら努力した期間は確実に私を強くしてくれましたし、当時中学生だった私からすれば二ヶ月という長い間、家を離れて生活することができたという事実が大きな自信につながりました。高校では、1年間留学した仲間と共に過ごす毎日が刺激になり、切磋琢磨し勉学に励むことができました。

高大連携授業は、大学の講義を体験できる貴重な機会であり、大学に向けてのビジョンを具体的に描くきっかけにもなり、受験勉強に前向きになることができました。滋賀学園は中学高校ともに様々な挑戦をする機会を提供してくれます。

滋賀学園 > 滋賀学園中学校 > 先輩の声

ページトップへ