学校法人滋賀学園 滋賀学園中学・高等学校



21世紀型教育(ICT利用)
21st Century Education

ICT機器を使い、「生徒の学ぶ力」を伸ばす
「21世紀型の教育」を実践しています。

ICT機器を活用した課題解決型の学習

タブレットPCを活用し、PBL(Project Based Learning)とICTを組み合わせた授業を展開しています。ワークショップとプレゼンテーションを中心に、企業や大学との連携、さらには地域連携も視野に入れた、21世紀型スキルを身につけるためのアクティブな学びです。

 

総合探究

「総合探究」は、滋賀学園が独自に設定している科目です。従来型の講義形式授業と異なり、設定された課題を自分たちで工夫して解決するというプロセスを通して、積極性や理論的思考、協働性を身につけていきます。

今回の授業では、先生から「滋賀学園高校の魅力を最大化し、全国に有名な高校になる方法を提案せよ」という課題が与えられました。生徒たちはクラスの中でグループを作り、インターネットを使ってアンケート調査などを行ったり、情報を収集・整理したりして、活発に意見交換を行なっています。またグループごとに導き出した提案をクラスメイトの前で発表しています。そのために活用されているのが、生徒一人ひとりのタブレットP Cです。先生が使い方を教えなくても、生徒たちは自然に「学習の道具」として活用しています。


総合探究

 

Shiga-gakuen
Future Leadership Program

「変わりつづける社会に対応できる力」とは何かを追求し、大学の先生や企業担当者と協同でカリキュラムを開発しました。Class Mentorとして大学生が授業に加わるのも大きな特徴です。この授業を通して、次の3つのことを目指します。

(1) リーダーシップを身につけ、次世代のリーダーになる

(2) ICT機器を使いこなし、より効率的・効果的な学習方法を自ら身につける

(3) これからに必要な21世紀型能力(Communication / Collaboration / Critical Thinking / Creativity)を身につける


Shiga-gakuen Future Leadership Program

 

クエスト・エデュケーション
プログラム

現実社会と連動しながら「生きる力」を育む授業で、企業におけるインターンシップを教室で体験し、自ら感じ・考え・表現していきます。

フィールドワークやアンケート調査などの実務に取り組み、企業から出されるミッションに挑戦。情報を集め、チームで話し合いながらプランを完成させ、プレゼンテーションを行います。


クエスト・エデュケーションプログラム

滋賀学園 > 滋賀学園高等学校 > 学校案内 > 21世紀型教育(ICT利用)

ページトップへ